畳交換/症状から適切な交換方法をご提案

最近ではフローリングのおうちが増えていますが、肌触り、やわらかさ、香りがお好きな方も多いでしょう。
日本の風土の中で独自に生まれ普及していった畳ですが、その普及の背景には畳の持つ優れた特徴があります。
そのひとつが吸湿・発散作用。い草という自然素材でできた畳は、梅雨などの湿気が多い時期には1枚で500㏄の水分を吸ってくれるともいわれています。逆に部屋が乾燥してくると、畳に含んでいた水分を放出してくれます。部屋の湿度をコントロールし、自然と快適に保ってくれるのです。
フローリングと違い、気軽に張替ることができるのが畳の魅力でもあります。

交換時期と交換箇所


不親切な業者が、裏返しで済む施工も全交換にしてしまうこともございますが、街のリフォーム屋さんでは親身になって状況を見極め、適切な施工をさせて頂きます。
ご予算に応じて畳の素材をお選びいただけます。
海外製から日本生まで幅広くご用意があります。

畳の素材について

スタイロ畳

虫がわきにくく、断熱効果があり、現代の住宅で多く使用されています。
ただし、中に断熱材として科学物質を使用しているので、
アレルギー体質の方には、 あまりオススメできません。

藁床畳

日本古来から使用されている畳、吸湿性に優れ、
また自然素材で作られているため アレルギー体質の方に是非オススメです。

和紙畳

和紙で作られたちょっと変わった畳ですが、色のバリエーションも多く今人気の畳です。
また、強度も一般的な畳より強いです。

ビニール畳

水に濡れても大丈夫なので、スーパー銭湯などで多く使用される畳素材、
浴室内や脱衣所で使用し、冬場のヒートショック対策として使用することがあります。
また、丈夫な材質の為室内の畳として使用することもできます。

畳交換の施工事例はこちら

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider


previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider